Eurocucina&FTK2018に関するトレンドレポート

2018年4月、ミラノでは家具・家電業界注目の見本市が開催されました。世界中から多くのメーカーが集まったこの見本市では、新製品の展示や講演が行われました。来場した多くのお客様が、画期的な製品や非常に興味深い講演内容に魅了されていました。ヘティヒトレンドレポートでは、世界最大級のキッチン見本市Eurocucinaとその併催見本市であるFTK(テクノロジー・フォー・ザ・キッチン)の注目トレンドが3つの側面、Feel style(魅力的なデザイン)、Enjoy comfort(新しい生活スタイル)、Win storage(オンリーワンの空間創り)からまとめられています。

Feel style(魅力的なデザイン)

ハンドルのないシンプルな家具デザイン…合わせ目の見えないゆったりとしたサイズのフロントパネル… 多機能な金具は視界から隠され、一貫して内側に格納された家具デザインに驚かれることでしょう。

詳細を表示

Enjoy comfort(新しい生活スタイル)

人間工学に基づいた控えめで落ち着いたデザイン。ワイドに開き静かに閉まるキャビネットドア、音もなくスライドする引き出しと深引き出し、 簡単には手が届かない場所へ巧妙に配置された収納スペース。家具をさらに使いやすくする技術が随所に見られます。

詳細を表示

Win storage(オンリーワンの空間創り)

仕事と生活のスペースの価値はますます大きくなっているため、可能な限り効率的にスペースを活用することが大切です。 家具の内部や使ったことのないアルコーブなど、収納スペースはアクセスしやすく、構造をよく考え、細部まで使いやすくなければなりません。

詳細を表示